読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画とかドラマとかいろいろ

素人目線で今までに観たものの感想を綴っていきます(o^_^o)

冷たい熱帯魚

f:id:oxo555:20150910133836j:plain

園子温監督作品

1993年に起こった「埼玉愛犬家連続殺人事件」をベースとした物語です

この映画は本当におもしろいというか、でんでんが怖かったですw

 

【あらすじ】

死別した前妻の娘と現在の妻。

その折り合いの悪い二人に挟まれながらも、主人公の社本信行は小さな熱帯魚店を営んでいた。

波風の立たないよう静かに暮らす小市民的気質の社本。

だが、家族の確執に向き合わない彼の態度は、ついに娘の万引きという非行を招く。

スーパーでの万引き発覚で窮地に陥る社本だったが、そんな彼を救ったのはスーパー店長と懇意のある村田だった。

村田の懇願により店長は万引きを許す。

さらに大型熱帯魚店を経営する村田は、娘をバイトとして雇い入れる。

その親切さと人の良さそうな男に誘われて、社本と村田夫婦との交流が始まる。

しばらくして、利益の大きい高級魚の取引を持ちかけられる社本。

それが、村田の悪逆非道な「ビジネス」を知り、同時に引き返せなくなる顛末への引き金となった。

 

広告

   

-----------------------------------------------------------------------------------

冷たい熱帯魚 予告編

 

 

 

この映画がきっかけで園子温監督作品をいろいろ見るようになりましたw

初めてこれを見た時はそりゃーもう衝撃的でしたね( ゚д゚ )

でんでん怖すぎるwww

 

基本的に見る人が共感する相手は主人公で、

お世話になっていて権力があって怖いでんでんにペースを握られ、

あれよこれよとNOと言えないうちに殺人に手を貸し、犯行現場では震えて泣いている。。

 

相手を力で征服し、自分の欲を押し付けてくるでんでんとは対照的に描かれていますね( ゚д゚ )

 

 

ではそのでんでんが、なぜ主人公に子分的な役割をさせるのか??

 

でんでんは幼少期、暴力的な家庭で育ったようで、以前は内向的。

他人に自分の欲をぶつけるか、あるいは他人の欲を受け入れるか。

でんでんのパワフルさは、メソメソした自分自身の弱さとの戦いの末に手に入れた。

そこで、この主人公を見ていると、まるで以前の自分のようだったのでしょうw

 

終盤に向かうにつれて、主人公が壊れていきますが

「あんなことばっかりさせられると、まぁそうなるのかなぁ~」とか

呑気に考えてしまいました。

(自分が主人公タイプの性格なので・・・)

 

ちなみに園子温監督と女優の神楽坂さん(主人公の妻役)はご結婚されてますね。

テレビでは監督は甘えん坊だとか、はたまた亭主関白だとか、

なんだかよく想像がつかないですけど、とりあえずびっくりでしたw

 

サスペンスがお好きな方はぜひ見てみて下さい\(^o^)/

 

広告