読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画とかドラマとかいろいろ

素人目線で今までに観たものの感想を綴っていきます(o^_^o)

トリハダ 3 後編

f:id:oxo555:20160628152947j:plain

 

前回の続きです(*^o^*)!

 

 

広告

   

 

-------------------------------------------------------------------------------

 

◎ 第四話「概念における誤解と真実」

【あらすじ】

近頃、誰かに見張られている気がしてならない主人公。常に近くで異音が響くのだ。友人らは「心配するな」と言うがどうしても気になる。そしてついに、その異音の正体が判明する……。

 

ぎゃああああああああああああ(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)

これはリアルにだいぶ気持ち悪いです・・・

虫大っ嫌いw

 

◎ 第五話「貪欲な愛情に起因する戦慄」

【あらすじ】

主人公はホテルにデリヘルを呼ぶが、やってきたのは写真とは似ても似つかない女。チェンジだと追い返し別の女を頼む。数分後、再びチャイムが響くのだが……。

 

これこれ。好きなの。

この女の人の不気味加減大好きですww

主人公とデリヘル嬢のプライベート関係(?)が謎なので

動機や目的がわからないのも怖いです( ゚д゚ )

 

◎ 第六話「常識を逸脱した非情の結末」

【あらすじ】

会社までの道を歩いていると、謎の男が自分の横を速度を合わせてついてくる。逃げ切り横断歩道で待っていると、またその男が現れて……。

 

これは全然怖くないですw

ちょっとフフってなりますが最後えぇ~!って感じですw

こんなあほな(すみません)死に方はしたくないです。。。

てか、運転手もだいぶ迷惑でしょうねこれ(ノ`△´)ノ

 

今回のプロローグエピローグは、簡潔に言うと

主人公の女の人が隣のマンションのカーテンからこちらを覗く男に気付いてしまう。

怖くなった主人公は警察に電話を掛けるが、向かいの男は実は首吊り死体。
主人公を見てたわけではなく、首吊り死体のままこちらを向いていた、というオチ。

この首吊り死体、実は1話のドリルつかれそうになった柄本さんです。

なんか、そこの繋がりはよくわかりません・・・w

 

広告